鳥居本 遊山、京都奥嵯峨にある季節折々の景色にうっとりする懐石料理店

店名:鳥居本 遊山
住所:〒616-8431
京都府京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町6-3
電話:050-3464-3047

観光地の京都「嵐山」から車で5分ほど北上すると、嵐山の観光地らしい賑やかさがすうっと消え静かな住宅街に到着します。
東映太秦映画村も近く、時代劇やサスペンスの撮影に使われることもある大沢池や有名な大徳寺を右手に山手に向かってどんどん進みます。

今度は、住宅街からさらに景色が変化し奥嵯峨という地域に突入します。
クネクネ曲がる山道を数分走ると、左手に見えてくる大きな一軒が「鳥居本 遊山」です。

鳥居本 遊山は、フレンチと和を融合した創作料理レストランです。
入り口をくぐると、こだわりのアンティークでセットされたテーブルと椅子にうっとりすることでしょう。

1階と2階があり、1階には窓際のテーブル席と個室があり、2階には大人数収容できるほどのテーブル席が用意されています。

鳥居本 遊山のおすすめは二つあり、一つ目はもちろんお料理です。
昼も夜もコース料理となっており、冒頭で触れた通り和×フレンチなわけですが、最後にいただく白米とおつけものがなんとも京都らしく美味しいのです。

そして二つ目は窓際から見える景色です。眼前に山々と川が眺められるので、京都の春夏秋冬を間近で感じながら食事を楽しめます。
鳥居本 遊山は少し辺鄙なところにありますが、こだわりのお料理と贅沢な景色を楽しみに、友人や家族、お祝い事で重宝される創作料理の名店です。

京都伊勢丹で京スイーツや抹茶麺を味わえる茶寮都路里

JR京都駅から直結で行ける京都伊勢丹の6階にある茶寮都路里のご紹介です。
モダンな京都伊勢丹の中に忽然と現れる京都らしい和風のエントランス。
そこが茶寮都路里です。

茶寮都路里は抹茶やほうじ茶を使ったパフェ等、スイーツが有名で、お抹茶麺のうどんと蕎麦も窘めます。
パフェは千円前半、ドリンク、アイスクリーム、うどん、蕎麦は千円未満です。

茶寮都路里おすすめは特選都路里パフェ1,441円。
これを食べておけば都路里を味わえたと満足できるお品です。

カステラや白玉、ゼリーに抹茶アイスと、抹茶スイーツ全般が透明グラスにぎっしり。
白玉等、当日手作りしている食材も多いので、柔らかいまま頂けます。

抹茶の香りも高く、こだわりを感じる逸品です。
ところどころ抹茶でない物が挟んである所があり、箸休めのようで味合わせが上手だなぁと感じます。

クリームソーダ税込780円は、見た目も中身も昔ながらのクリームソーダ。
高齢者に喜ばれそうです。
夏の暑い日にすっきり飲めます。

抹茶そばまたは抹茶うどんは共に税込み891円。
濃く香り高い抹茶が絶品です。
細麺で、だしの利いた御汁がしっかり絡みます。

茶寮都路里のスタッフさんは忙しそうですが、笑顔を絶やさず、感じ良い接客をしてくれます。
おもてなしの心をしっかり感じることが出来て快適です。

店名:茶寮都路里 京都伊勢丹店
住所:京都府京都市下京区東塩小路町 JR京都伊勢丹6階
電話:075-352-6622

麺屋 極鶏、京都市左京区にあるこってりなのに後味あっさりなラーメン店

店名:麺屋 極鶏
住所:〒606-8123 京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29−7
電話:075-711-3133

極鶏のラーメンは出てきた瞬間に、超濃厚とわかるくらいのインパクトのある見た目でレンゲを差すと立ちます。

スープというよりポタージュやスムージーに近いような感覚で、
極鶏のスープ、鶏何匹使っているんだろうって疑問に思います。
そう考えると価格が700円なのは破格に思えますね。

極鶏のラーメンの不思議なところは、超濃厚スープなのに後味スッキリなところ。
普通、濃厚ラーメン食べるとずっと口の中に残るのですが、後味スッキリで味が美味しいので、ずっと口に残したておきたいと何度も何度もレンゲでスープを飲んで気がつく頃には完飲していました。

麺もスープによく絡むようにできています。
スープにご飯をぶち込んで食べるという禁断の楽しみ方も出来ます。
あっという間にスープも完飲してしまったので店を出る前からまたきたいと思ったしまいました。

さすが、ラーメン屋の超激戦区、一乗寺の中でもトップクラスと言われるだけの実力があります。
極鶏の店内はそこまで狭くないのに、外にお客さんがあふれて行列ができているので、ちょっとお腹を空かした状態から並び始めるとちょうどいいぐらいになるのではないでしょうか。

アローズ 、京都市右京区にあるカレーの美味しいカフェ

店名:アローズ
住所:京都市右京区太秦下刑部町12サンサ右京
電話:075-862-5667

アローズは京都市営地下鉄地下鉄東西線太秦天神川駅をエスカレーターで上がってすぐにあるカレー屋です。

カレー屋ですが、アローズはカレー以外のメニューも豊富にあります。
日替わり定食、ミックスフライ定食など800円くらいでいただけます。

アローズのカレーはやや辛めなので、子供さんには注意が必要です。

カレーはビーフカレーが750円でカツカレーやシーフードカレーが1000円前後です。
ミックスサンドやハニートーストといったパンメニューもあります。

他にホットコーヒーやジュース、アイスクリーム、パウンドケーキといった喫茶メニューも充実しています。

定休日はなさそうです。
たまに、臨時休業されていることがあります。

アローズの場所は地下鉄から嵐電で嵐山方面に乗り換える地点にあります。
旅行客のお昼ご飯や休憩にちょうどよいかと思います。

太秦天神川周辺は近年マンションが増えましたが、食事処が少ないため地元民も利用しています。
ランチタイムは満席になることが多いです。

アローズのお店の方は感じがいいです。
ただ、子連れで言って子供が騒がしくしていると、注意されたりはします。
他のお客さんに言われたのだと思いますが。

ラバラカ (LA・BARAKA)、京都市下京区にある本格モロッコ料理店

ランチタイムに行きました。
ラバラカ店内はこじんまりとしており、席数が少ないので予約して行くことをオススメします。

ラバラカのメニューは1850円のタジンセットがおすすめです。

モロッコ料理の代表格「タジン鍋」のほか、濃厚で栄養たっぷりのスープ(モロッコでは断食明けの食事として食べるくらい胃腸にやさしいそうです)、サラダやパンもつきます。
スープは初めて食べる味わいでした。

メインのタジン鍋は、ホロホロに柔らかくなったお肉をはじめキノコや野菜がたっぷりと使われていて、見た目以上にお腹が一杯になります。
しっかりとした味付けですが、意外と最後まで飽きずに食べられます。

ラバラカ店内の様子をうかがっていると、どうやらご夫婦でお店をきりもりしているみたいでした。
厨房にいたご主人はモロッコの方で、奥さんは日本人だと思います。

私たちの食べ終わったタイミングを見計らってか、カタコトの日本語でご主人が話しかけてきてくれました。
とても愛想のいい方で、写真を見ながら色々とモロッコの名物や文化について教えてくれました。

とても美しい風景の写真も見ることが出来ました。
ご主人の強いモロッコ愛を感じました。

ラバラカ店内はモロッコらしい鮮やかな色合いのガラス製品や飾りつけがされていて、モロッコらしい雰囲気を楽しめました。

店名:ラバラカ(LA・BARAKA)
住所:京都市下京区河原町通仏光寺通り下ル富永町356さくらビルB1F
電話:075-352-8208

とくら桂本店、京都市南区にある行列で有名なハンバーグレストラン

京都では有名なハンバーグレストラン、とくらのご紹介です。
午後2時でも行列するほど人気のレストラン、お店は小さめなので、主に店外で待つのですが、それでも年間を通して行列しています。

とくら人気メニューのオリジナルハンバーグは、サイズが180gと300gの2種で、価格はそれぞれ700円と900円です。
これはハンバーグと付け合わせのフライドポテトとお野菜だけの値段なので、食事となると洋食セットか和食セットを選びます。

洋食セットはスープ、野菜サラダ、パンまたはライスで450円、和食セットならライス、味噌汁、お漬物で200円です。
金額的にはハンバーグとセットのお値段になります。

とくらのハンバーグはお箸でも簡単に切れる柔らかさで、手作り感満載です。
ソースも絶品で、溢れ出る肉汁とのコラボがたまりません。
洋食セットでも和食セットでもしっくり来る味です。

とくらスタッフさんは若めの男性でした。
忙しそうで、呼ぶのは申し訳ない気がしましたが、すぐに気付いて対応してくれます。
混んでいても注文した料理が出てくるのはとても早いです。

店名:とくら桂本店
住所:京都府京都市南区久世上久世町516-6 グランドール桂川畔1階
電話:075-932-2526

ハンバーグラボ、京都市下京区にあるジューシーハンバーグ店

店名:HAMBURG LABO (ハンバーグラボ)
住所:京都府京都市下京区西洞院通四条下ル妙伝寺町694 ウエストケープ 101
電話:075-352-9123

店の名前にハンバーグとあるように、ハンバーグ専門のお店です。
ハンバーグラボは、京都地下鉄四条駅または阪急烏丸駅から徒歩5分ほど歩いたマンションが多く立ち並ぶ静かな所にあります。

ドアを開けるとまずカウンター席、奥にテーブル席があります。
ハンバーグラボは、シンプルでこじんまりとした店内ですが清潔感があって居心地の良い空間です。

カウンター席の前には鉄板があり、カウンター席に座ればハンバーグなどを焼く、料理を作る過程が見れます。

自慢のハンバーグは京都ポーク100%、京都牛100%など地元の京都にこだわっており、肉汁たっぷり、ジューシーでうまさが凝縮されています。

また、ハンバーグにかけるソースも定番ものから、京都地産の九条ネギを使ったものやフォアグラを使った贅沢なものまでバラエティ豊かに揃っています。

ハンバーグにサラダ、ご飯またはパン、スープまたは味噌汁をつけて定食で、また、ハンバーグだけでなく、一品料理やステーキ、焼き野菜、そしてお蕎麦などのメニューも充実しています。

ハンバーグラボは、一人でも、大人数でも使えるお店です。