京都駅ビル内、デザートもお食事も楽しめる抹茶喫茶「茶筅」。

京都へ旅行に訪れた際に、茶筅(ちゃせん)に行きました。
拉麺小路の一角にあります。
ピザが大きく宣伝されていますが、茶筅(ちゃせん)は、抹茶のスイーツを目的に来るお客さんが多いみたいです。

お店自体は小さいので行く時間帯によっては待つ可能性があります。
また、客席から見る限りキッチンも小さいためか提供にも少々時間がかかりました。
茶筅(ちゃせん)の窓際のカウンター席からは京都駅の名物でもある長い階段を見下ろせます。

最初に分厚くて黄色い可愛いおしぼりが貰えます。
使い捨てなのが勿体なかったです。

茶筅(ちゃせん)は、パスタもピザも大きいので、女性の場合は友達と一緒にシェアすると良いかもしれません。
私は抹茶カルボナーラを注文しました。

お皿全体に宇治抹茶パウダーがかかっていて、その苦さにパスタを絡ませて食べると今まで味わったことの無い感覚でした。
ベーコンがふんだんに使われているのが嬉しかったのと、カマンベールチーズも入っているのでパスタとして面白いメニューだと思います。
また、一緒にパン(フォッカチオ)が付いてきますので、バジルソースを付けて食べました。

平日には、この抹茶カルボナーラも、お得なランチメニューとして、パンの他にセットでデザートも付いてくるみたいです。
拉麺を食べた後にデザートで抹茶パフェを食べて京都を楽しむのも良いですね。

店名:茶筅(ちゃせん)
住所:京都駅ビル10階(百貨店・大階段南側)
電話:075-352-3401