夏は京都の先斗町にある「魯ビン」で味わう納涼床がおススメ!

京都の四条にほど近い場所に先斗町(ぽんとちょう)という、今でも京都らしさを存分に残した飲食店街があります。
5月から既に、京都では納涼床が始まっていますが、私がこの魯ビン(ろびん)というお店をおススメしたいのは、サービスも一流ならば、コスパも最高だからです。

「納涼床」と聞いただけでちょっと敷居の高い気がしませんか?
でも、この先斗町にある魯ビンでは、お手軽に本格的な納涼床を、最高のサービスで楽しめる事が出来ます。

特におススメなのが、ランチタイム。
鱧のしゃぶしゃぶ付き京会席弁当コースや、鱧おとし付き京会席弁当を楽しむコースが、魯ビンでは3200円(税別)から愉しむ事が出来ます。
古民家を使った正に「京都!」って雰囲気の中、インカムを着けたスタッフさん達が、最高のサービスを提供してくれます。
「紫外線が気になる」って方にも、店内で存分に「京都らしい京都」を楽しんで頂く事が出来ます。

店名:魯ビン(ろびん)
住所:〒604-8011 京都府京都市中京区先斗町通り若松町137-4 (二番路地奥北)
電話:075-222-8200

魯ビンは、オンシーズンの今は大変混雑しますので、必ず予約してから来店される事をおススメします。

因みに、夜は夜で雰囲気が最高に良いので、私は昼食はここの室内で頂いて、夜は納涼床としゃれてみたりします。
魯ビンでは、非日常が京都の繁華街ど真ん中で存分に楽しめますよ。