京都府八幡市、「小谷食堂」のカレー中華。

小谷食堂は、国宝「石清水八幡宮」がある山のふもと、落ち着いた雰囲気の街道沿いにある昭和レトロなお店です。
カレーうどんならぬ「カレー中華」が名物で、地元の新聞にも載ったことのある隠れた有名店です。
小谷食堂に足を踏み入れると、ちょっと薄暗い落ち着いた雰囲気で、テレビで相撲中継など流れているのがいかにも昭和な感じです。

先日のお昼も訪れ、私と夫は名物・カレー中華、子供達は玉子丼とかつ丼を頼みました。
玉子丼はなんと500円、ちなみに素うどんは400円というリーズナブルさです。
カレー中華は700円です。

運ばれてきたカレー中華は、カレー汁の中にねぎや豚肉がのっていて、めんはラーメンというよりも、まっすぐでおそばに近い感覚です。
カレー汁はややサラサラしていて、しっかりとした辛みがあり、やみつきになるおいしさです。

子供の頼んだ玉子丼を少し味見してみると、子供の好きそうな甘めの半熟玉子。
真ん中に真っ黒な四角いのりが一枚のったシンプルさで、大盛を頼んだ玉子好きな子供もペロリと平らげていました。

しばらく小谷食堂に行かずにいると、また食べたくなってくる不思議なカレー中華。
小谷食堂のお店の人も気さくな感じで、感じがいいです。

たくさん食べたい方にはお得なセットメニューもあります。
小谷食堂の外観も、山を背負った落ち着いたたたずまいで、懐かしい昭和な雰囲気の食堂で外食したくなった時にぴったりです。

店名:小谷食堂
住所:京都府八幡市八幡山本2-1
電話:075-981-0221