京都・先斗町の茶香房長竹はお茶にこだわった喫茶と食事の店

茶香房長竹のロケーションは、京都先斗町通りに面していて、歌舞練場の近くにあります。
お茶をメインとしながら食事も出来るお店です。

先斗町でお茶屋さんといえば、御座敷を意味しますから、ちょっと紛らわしいのですが、長竹はあくまで茶房です。
気安く入ることが出来ます。

長竹は、お茶にこだわったお店ですから、何を注文するにしてもまず、お茶を一杯所望しましょう。
お茶好きなご主人がいろいろと説明をしてくれます。

レクチャーを受けたら、緑茶、青茶、紅茶などから好きなものを頼めばいいと思います。
各980円です。

長竹のデザートもお茶に対するこだわりが感じられます。
抹茶大福、抹茶パフェ、抹茶あんみつなどは、お茶とセットでいただくことも出来ます。
セット価格は、お薄茶と抹茶大福で1,080円、好きなお茶と抹茶パフェ、抹茶あんみつの組み合わせは1,600円です。

ちなみに抹茶パフェの考案者は、長竹のご主人であるといわれていますので、こちらでは本家本元の味を楽しむことが出来ます。
美味です。
食事では、2,200円のちらしずしなどが人気です。

店名:茶香房 長竹
住所:京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地
電話:075-213-4608