残業手当も出ない残業地獄で仕事を辞めたい体験談

会社が嫌だと思っている人はたくさんいると思いますが、強く仕事を辞めたいと思うには理由があると思います。
私は事務職をしていますが、残業手当は出ません。
事務職の人はそう言う人も多いと思います。

また、事務職ではどうしても忙しい時が決まっていて、私も月末が忙しいです。
その頃には、残業をしなければ、業務が終わらないため、同じく事務の人は、みんな居残りで働いていました。

ちょうど三月で年度末の月末は毎年忙しいのである程度覚悟をしていました。
しかし、その年は会社のシステムも変わるためバタバタしていたのです。

結局三月はずっと残業をしていました。
月末になると終電で毎日帰宅するようになりました。

ですが、私としては毎年三月さえ乗り切れば、作業量が落ち着くことは経験で知っていたので「もう少し。」と思っていました。
しかしその年は四月になっても一向に状況が変わらず、残業地獄のような毎日で、四月の月末が来てしまいました。

あまりにも残業地獄が続くので、だんだん「このまま仕事がずっと終わらないのではないか。」と思うようになりました。
たぶん、作業を一つ終わらせても、次から次へと問題が起きたり、違う業務が出てくるので、精神的に追い詰められていたのだと思います。

さすがに、こんな残業地獄みたいな日が続くと、精神的にも体力的にも辛いと思い始めました。
その時に、仕事を辞めたいな。と思うようになりました。
毎日会社に行くのが辛かったです。

ですが、簡単に会社を辞めるわけにはいきません。
その時に私は「絶対に仕事は落ち着くはずだ。」と強く思うようにしました。

また、もう勤続年数も長かったので大体の業務は一人ですることができました。
なので「どんな仕事でもできる。」と思うようにしました。

その考えで少しは楽になり乗り切ることができました。
勤続年数が長かったのでそのような考えになりましたが、まだ新人の時だったら本当に辞めていたかもしれません。

参考:残業地獄で仕事を辞めたい体験談

長時間労働の残業地獄で仕事を辞めたい体験談

私は、旅行会社に勤めていたときに、残業地獄で仕事を辞めたくなったことがあります。
私が勤めていた旅行会社は、かなりのワンマンの会社で、中小企業で、少人数の会社でした。

最初から、社会保険に加入をして貰うことが出来ず、残業が深夜まであるにもかかわらず、残業手当が支給されませんでした。
タイムカードがあったのですが、全く意味がない状態であり、手当としていくらか貰うことが出来るというだけでした。

さらに、人間関係がよければ、まだ救いがあったのですが人間関係も悪くて、怒鳴られたり、パワハラなどもありました。
お局様からのいじめなどもありました。
私は、分からないことは質問しろと言われていたので、分からないことを聞いていても、怒ったように言われたり、人間性を否定されるようなことを言われたりしました。

また、私も頑張っている部分がある上、未経験なのにもかかわらず、スピードが遅いだとか、マイペースだとか悪い点ばかりを挙げ連ねて、こういったところも辞めたい理由でした。

最初は、せっかく中途採用で採用された正社員の仕事なので、踏ん張ろうと思っていましたが、こんな職場で必死になっても未来がないと思いました。
なによりも、この人たちと働きたくないと思ったのです。

精神的に限界が来たので、仕事を辞めたくなったことがあります。
しかし、自分から辞めてしまうのは負けだと思い、どうせなら、雇用保険が出るように、向こうから退職勧告をさせたりして、こちら側に有利に退職をしたいと思いました。
せめて半年程度と思い、我慢をしました。

私は、すぐにでも辞めたかったのですが、少しでも有利に辞めることが出来るように、明らかにやる気がないという態度で仕事に出勤をしていました。
こうすることで、職場の人たちに復讐することが出来たかなと思っています。