みその橋サカイ、京都市北区にある1年中冷やし中華が食べられる店

店名 みその橋サカイ
住所 京都府京都市北区大宮東総門口町38-3
電話 075-492-4965

一年中、冷麺をたべることができる京都のお店「中華のサカイ」の分店「みその橋サカイ」を紹介します。
本店は新大宮にありますが、実は冷麺のタレが濃い、とろみがあっておいしいのが、みその橋サカイになります。

車があれば、問題はありませんが、商店街の中にある本店も公共交通機関では行きにくいところがありますが、さらに足の運びにくい場所にある御園橋店がオススメです。

名前が「中華の・・」とついているので、もちろん冷麺だけではなく、その他中華もありますが、みその橋サカイが初めてであれば、冷麺を食すべきといわれるお店です。
冷麺は焼豚入りとハム入りを選ぶことができますが、少々焼豚入りのほうがお高めで、それでも740円です。

五目そば、天津飯や餃子など、意外とおいしいといわれるのがオムライスです。
中華のお店にオムライスも少しめずらしいですよね。

みその橋サカイの接客は普通の中華屋さんで、過剰なサービスはありません。

さて、本題の冷麺ですが、韓国冷麺ではなく、冷やし中華です。
先ほどのハムもしくは焼豚と、海苔やキュウリの刻んだものが載せられている極めてシンプルなものです。

そこにとろみのあるゴマダレをかけます。
このゴマダレは甘みがある中に少し、練りからしが入っているような辛味も感じることができます。

なんといってもモチモチでツルっと喉越しよく食せる麺も人気です。
それらを絡ませて、一気に口に運んでいくと幸せの風味が広がります。
みその橋サカイで、一度ご賞味ください。