ビストロ・ラ・マンドリン、京都祇園の隠れ家的老舗ビストロで伝統の正統派フレンチ

創業は1974年、日本で初めて「ビストロ」という言葉を使用したフレンチの藤村シェフの「ビストロ藤村」を継承されたオーナーが営んでいらっしゃるのが、「ビストロ・ラ・マンドリン」です。

様々な高級店が並ぶ祇園界隈で隠れ家的なお店をという事で古いビルの4階にあり、普通に歩いているだけでは見つけられません。
ビストロ・ラ・マンドリン店内は、アンティークな雰囲気でテーブルクロスや小物なども可愛らしく、オーナーの趣味であるマンドリンもたくさん飾ってあります(リクエストすれば演奏もしてくださるみたいです)。

御料理は3800円、5800円、8800円と3つのコースメニューがあります。
ビストロ・ラ・マンドリンお勧めは「エスカルゴ・アラ・メゾン」で、そうエスカルゴです。

まずどうやって食べるのかが難関ですが、オーナーに聞けば優しく教えて下さいます(プリティウーマンという映画でジュリアロバーツがエスカルゴを食べるのに苦戦して、飛ばしてしまうシーンがありましたね)。
食感はハマグリみたいな感じで、全く抵抗なく食べれますので安心して下さい。

もう一つのビストロ・ラ・マンドリンお勧めは、お店の看板メニューである「海老とシャンピノンのクレープ包み」。
海老がプリプリで、ソースもあっさりしているのでペロリと食べられます。

フレンチのコースですが、どれも全く胃にもたれないので女性も食べやすいですよ。
料理から接客まで全てオーナーがお一人でされているので、高級な雰囲気とはまた異なりますが、肩ひじ張らずに正統派フレンチをゆったりとした時間の中で味わうことが出来ます。

ビストロ・ラ・マンドリンのオーナーは大人しい雰囲気の方ですが、とても笑顔が優しくて、こちらから話掛けると結構色々とお話しして下さるので実はおしゃべり好きなのかも。
祇園といえば敷居が高いイメージですが、こんなアットホームなお店もあるんですよ。

店名:ビストロ・ラ・マンドリン
住所:〒605-0084 京都市東山区祇園切通し清本町364-5 切通しビル4F
電話:090-9697-6539(予約制)