マルシン飯店、京都市東山区にある美味しい大衆中華料理屋

店名:マルシン飯店
住所:京都府京都市東山区南西海子町431-3
電話:075-561-4825

関西で美味しいものが食べられるエリアといえば大阪や神戸のイメージがあるかもしれません。
京都もレベルの高い飲食店は多いです。

そして和食だけでなく、中華料理のレベルも京都は高い。
特におすすめのお店が、マルシン飯店。

マルシン飯店の名物はトロトロの天津飯。
天津飯の価値観が変わるぐらいの一品です。
昔ながらの大衆中華料理屋という佇まいで落ち着くお店です。

マルシン飯店の天津飯ですが、量が多い。
ご飯の上にふわふわの玉子と野菜がたくさん乗っけています。
その上からさらに、お皿からこぼれそうなくらいにあんが盛られています。

マルシン飯店の天津飯なのですが、1人前で卵を3個使っているらしいです。
ちなみに、普通サイズでこれですからね。
満足感は半端ないです。

最初の一口は、蓮華に玉子しか入っていないぐらいでしたから。
それぐらい玉子が多いんです。
玉子のふわふわの食感に、濃厚で甘酸っぱいあん。

そして白ご飯。
これらを同時に食べるのが、ここの天津飯の醍醐味ですね。

私がマルシン飯店に行ったときは、ほとんどのお客さんが天津飯を食べていました。
とりあえず、初めての来店であれば天津飯を食べるべきだと思います。

私が今まで食べてきた天津飯の中でも、トップクラスの味です。
またマルシン飯店に行きたいと思いますが、その時も天津飯を注文したいです。