京都カレー製作所 カリル、上京区にある美味しいインドカレー店

店名:京都カレー製作所 カリル
住所:京都府京都市上京区春帯町349-1 永楽アルパシオン1階
電話:075-211-6110

カリルは、京都で美味しいと噂になっていたカレー屋さんです。
スパイシーさを売りにしているカリルのカレーは、「カレー職人」と名乗る二人の店員さんが試作に試作を重ねてスパイスの配合などもとてもこだわっているらしいです。

シンプルなほうがよりスパイスのうまさを楽しむ事ができると聞き、ランチセットでチキンカレーを注文しました。
お値段は800円ほどで、カリルは辛さを選ぶ事ができたので、少し辛目にしてもらいました。

食べてみると、確かに辛いのですが、よくある「ただ辛みを増した」だけのカレーとは全く違っていて、非常にスパイシーな味わい深い辛さです。

ですので、辛いんだけど止まらなくなり、どんどんスプーンを口に運んでしまいます。
さすがインドカレーといった感じの美味しいカレーでした。

友人はエビレモンカレーを注文していたのですが、こちらはレモンの酸味とカレーの辛さがぴったりとマッチしており、夏にぴったりなさわやかなカレーでした。
トッピングのゆで卵もとても合っていて、オシャレな見た目だけでなく中身も大満足のカレーでした。

京都市中京区烏丸通、ディーン&デルーカ京都でおしゃれデリランチ

店名:DEAN & DELUCA KYOTO ディーン&デルーカ京都
住所:京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645
電話:075-253-0916

ディーン&デルーカ京都は、烏丸御池駅と四条駅の中間くらいにあります。

外観が明治時代の近代建築を思わせる石造りの建物です。
もともと銀行として建てられたいたので、中に昔の金庫が残っています。

イートインスペースから金庫がよく見えます。
中には入れませんが、ワインなどの倉庫としておしゃれに使われています。

ディーン&デルーカ京都のイートインスペースは、10席ほどであまり席数は多くはありません。

奥にテラス席が26席あります。
イートインスペースは2人席が数テーブルであとは大きなテーブルになります。

メニュー表から選んでもいいですし、デリやパンをショーケースから買ってテーブルで食べても大丈夫です。

ディーン&デルーカ京都のランチは、4種類ほどで1200円から1700円の間です。
ドリンクセットに追加200円か300円ほどでできます。

ランチの種類としては、メインがキッシュのもの、パスタのもの、サンドイッチのもの、これらについてはその日のメニュー3種類から選べます。

ほかにデリが4種のランチもあります。
サラダやスープがついていたりします。
1700円のランチはお肉がついていたりで、がっつり食べたいときにもってこいです。

こちらのディーン&デルーカ京都はレストランいうより、デリやパン、こだわりの調味料や食品、キッチン雑貨のスペースのほうが大きいです。

ランチを見ながら、おしゃれなキッチン雑貨を眺めるのも、楽しいです。
こんなのあるんだな〜、ほしいなとかつい思ってしまいます。

ディーン&デルーカ京都は、スタッフの方もとても親切です。
会計はテーブルごとでひとりずつはできません。

京都にあるココチカフェ、京都市中京区にあるインスタ映えスイーツのカフェ

店名:ココチカフェ
住所:京都府京都市中京区道場町4-8
電話:075-212-2227

ココチカフェは、京都では人気の可愛いインスタ映えスイーツがたくさんあるカフェです。

なかでもココチカフェでおすすめなのは、とってもかわいい「Mme.グレープフルーツゼリー」です。
お値段は600えんとそこそこしますが、とにかく目を引くのが可愛いそのビジュアルです。

グレープフルーツの中身をくりぬいて、そこにゼリーを詰めて上にグレープフルーツの果肉をトッピングしているのですが、カップになっているグレープフルーツには可愛いお目目とお口がつけられていたりと、目の前に出てくると思わずわあっと声が出てしまうようなキュートなスイーツです。

そして、ココチカフェのスイーツ、可愛いだけではなくお味もとても美味しいのです。
ただのゼリーかと思いきや、少しクリーミーな部分もあって思っていた味と違い、いい意味で想像を裏切られました。

その他にもまだまだ可愛いスイーツがたくさんあるので、ココチカフェは思わず制覇しに通いたくなってしまうお店です。

夏に人気なのはモモを丸ごと一つ贅沢に使ったタルトなのですが、こちらは大変人気な為売り切れてしまうこともあるそうで、できれば問い合わせてからお店に行くのが良いと思います。

新進亭、京都市左京区にある元祖白味噌ラーメンのお店

店名:新進亭 一乗寺店
住所:京都府京都市左京区高野泉町6-73
電話:075-781-3595

昔から通っていた中京区の新進亭本店のマスターの弟夫婦がされているお店です。
今や本店は閉店してしまい、この一乗寺店がしかありません。

新進亭は、ラーメン激戦区にあります。
白味噌ラーメンが有名なお店で、白味噌ラーメンの元祖と言われています。

新進亭の本店にはハリウッド俳優キアヌ・リーブスさんや歌手の中島みゆきさんもう足を運んだことがあるお店です。

白味噌ラーメンは、白味噌の独特の味わいのあるスープとチャーシューとひき肉もやしと玉ねぎのスライスが入ったボリューミーな逸品です。

もちろん今は大丈夫ですが、並盛りでも子供の時は量が多くて食べられませんでした。
味はコクと白味噌の柔らかい味が感じられ、とても美味しく、他のお店では味わったことがないラーメンです。

他に新進亭オススメなのはちゃんぽんです。
ちゃんぽんは、これでもかといった量の野菜が入っており、まろやかながらも鶏がらの利いたコクがあり、とても美味です。

これ1つでお腹いっぱいにはなりますが、一緒に焼き飯を食べてください。
あっさりしながらも、味わい深く、ラーメンにもとてもあいます。

ただし、ここの新進亭は残念なことが1つあります。
それは営業時間が短いことです。

昔は夜までやっていたのですが、だんだんと営業時間が短くなり、今は11:00~16:00に設定されており、夜は食べることができません。
月曜日と第3日曜日が定休日となっています。

メゾンドフルージュ、京都市中京区にあるイチゴのスイーツ専門店

店名:メゾン ド フルージュ maison de frouge
住所:京都府京都市中京区三文字町201
電話:075-211-4115

メゾン ド フルージュは、美味しいスイーツのあるカフェなのですが、他と少し違うのがイチゴのお菓子専門店というところです。
メニューにはかわいらしいいイチゴスイーツがたくさんあり、イチゴ好きにはたまらないです。

メゾン ド フルージュは人気店なので、よく行列ができているのですが、残念ながらイートインの予約は受け付けていないようです。

焼き菓子も生ケーキも豊富です。おすすめはなんといっても王道ショートケーキです。
メゾン ド フルージュのプレミアムショートケーキはお値段1000円ほどと高価ながら、その大きさも凄ければ中身もすごいです。

スポンジが3段なので、クリームの層は間に2層に分かれて入っているのですが、クリームが分厚い!そしてその中に薄切りイチゴもぎっしりと入っています。
均等に入っている為キリ目が美しいのがまたそそります。

某ホテルの高級ショートケーキを思い起こさせます。
クリームは甘さ控えめで、イチゴの甘酸っぱさを殺してしまわないところがいいです。

高さは普通のショートケーキの倍はありそうで、とにかく見栄えがいいので特別な日のプレゼントにももってこいだと思います。

京都に行ったら食べたくなる元祖ぶっちぎり寿司の魚心 河原町店

魚心は、阪急京都線は河原町駅から徒歩で5分のビル1階に店を構える、ネタが大きいことで有名なお寿司屋さんです。
店員さんたちも威勢がよく、はりきっていらっしゃるので元気をもらうことができます。

そして、長いカウンターとテーブル席がある広々した魚心の店内も、ゆっくりお食事できるのでうれしいです。
ランチで伺うことが多いので、お昼のお値打ちランチ定食をいただくことが多いのですが、あとから必ず追加で単品注文してしまいます。

魚心の看板メニューは、満腹にぎり定食かぶっちぎり定食で、どちらもにぎり寿司と椀物が付いてきます。
こちらのお店は、とにかくネタを分厚く大きく切ってくれるので、1貫食べただけでも、おなかにズシッと溜まります。

とくに、私がおすすめしたいのは、穴子の一本巻きとこぼれるほどのいくら軍艦です。
あとは、ブリやサーモン、まぐろも一口サイズがまさに頬張ることになるので、贅沢な気持ちにさせてくれます。
玉子も「魚心」の焼印が押されていて、お酒のアテにもなる逸品でした。

また別の日に行ったとき、魚心の店内のいけすで泳いでいる魚をいただくこともできると知って、鯵をいただきましたが、大変おいしかったです。
とにかく、魚を心ゆくまで食べたいとき、いつも利用させてもらっています。

店名:魚心 河原町店
住所:京都府京都市中京区河原町三条下ル下山崎238 あじびる河原町 1F
電話:075-223-5751