美味しいパンとスイーツが楽しめるリベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都

店名:リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都
住所:京都府京都市中京区東洞院通六角下る御射山町273 プラウド京都東洞院 1F
電話:075-366-4361

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリーは京都にある話題のお店です。
パリで人気のこリベルテ・パティスリー・ブーランジェリーは、日本での第一号店は東京の吉祥寺に店舗ができましたが、京都にもオープンして連日盛況しています。

パンもスイーツも種類が豊富で見た目も美しく、どれにしようか迷ってしまうラインナップです。
しかし、パリでは良いパン屋や菓子店はクロワッサンを食べればレベルがわかるとのうわさを聞いたことがあるので、まずはクロワッサンを買ってみたところ、これが大当たりでした。

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリーで買ったのは、クロワッサン・リンツァーという赤い渦巻きが特徴的なクロワッサンです。
お値段は400円とかなり強気な価格ですね。

この渦巻きの赤はフランボワーズらしいです。
さすがパリっぽいオシャレなクロワッサンです。

酸味はそれほど強くなくて、ほのかに甘いクロワッサン生地をとっても相性よく美味しかったです。
クロワッサンの生地もサクサク軽くて、パリッとした歯ごたえはさすがにその辺のパン屋さんとは違っていました。
お高めですが、値段の価値ありです。

こだわり担々麺なら京都円町にある胡 YEBISUに決まり!

京都の世界遺産二条城から20分ほど、円町駅に昨年、担々麺 胡 YEBISUがオープンしました。

胡 YEBISU入店のきっかけは、たまたま通りがかったからというシンプルな理由でしたが、結果、大正解でした。
店長さんが出迎えてくださったのですが、とても愛想が良かったのが印象的でした。

胡 YEBISUの店内に入ると、他の店員さんも皆明るく感じが良く、一緒に行った幼児の息子にはイスやお皿、エプロンなど気遣ってくださいました。

更にささやかならポイントが高かったのは、テーブルにエプロンやヘアゴム、ティッシュだけでなく穴あきの蓮華などきれいに準備されていて、とても細やかな気遣いを感じた点です。

まずこの段階でお店に対するイメージは満点。
料理に対する期待は上がりました。

胡 YEBISUで頼んだものは、即決で「チーズ担々麺」です。やはり女性はチーズに弱いですよね!
担々麺の辛みがチーズでまろやかになる感じを想像するだけでよだれが出そうです。

息子は「キッズセット」です。辛さを押さえたハーフサイズの担々麺に、ふりかけ(のりたま)ごはん、プチゼリー、そしておもちゃ付きで500円。
これはとてもお買い得です。

普通のラーメンは他店でも子供向けがありますが、担々麺で子供向けは初めてだったのでとてもうれしかったです。

そして、肝心な胡 YEBISUの味の評価です。
チーズ担々麺は想像通り、期待通りの味でした。

担々麺とチーズの絶妙なバランスが何とも言えず、スープは簡単に飲み干してしましました。
息子も気に入ったようでぺろりとラーメン一杯平らげてしまいました。

今回私が食べたチーズ担々麺は単品並盛で850円でしたが、お得なレディースセットもあります。
ハーフサイズの担々麺に、唐揚げ2個(3種のソースから選べます)、デザートがついて850円です。

チーズ(150円)をトッピングしても1000円でこれはお得だと感じました。
勿論サイドメニューも充実していました。中でも「噂の麻婆飯」は気になるので、是非次回食べてみたいと思っています。

自分自身が接客業をしているため、他店に対してあまり高評価をつけることはないのですが、胡 YEBISUは接客、味、価格全て花丸なお店でリピート確定です。

世界遺産散策でもし近くに行く機会があれば、胡 YEBISUに是非一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
情報は下記のとおりです。

店名:胡 YEBISU
住所:京都府京都市中京区西ノ京円町24-3
電話:075-366-6767

皆さんおいしい担々麺に出会えますように。

ニャーヴェトナム、京都駅から徒歩3分の本場のフォーが絶品のベトナム料理店

店名:ニャーヴェトナム
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町707-2ダイワロイネットホテル内
電話:075-365-5199

ニャーヴェトナム店内に一歩入ると、細かなところまで、伝統的なヴェトナムのハイセンスなインテリアで統一されており、ゆったりとした時間が流れる空間で大変くつろげます。
シェフやウェイターの方も何名かヴェトナム人らしき方がいらっしゃいますが、とても気持ちの良い挨拶で爽やかな接客です。

ニャーヴェトナムおすすめは、何といってもコスパ最高のランチ!
中でも、私のように、フォーもバインミーも両方食べたい!という欲張りな方にぴったり「ハーフフォー付きバインミーのランチ」は毎回訪れる度に感動します。

日替わりのフォーがハーフサイズでついてくるのですが、「本当にこれでハーフサイズ?」と思うほど、ニャーヴェトナムはボリューム満点です。
牛肉ベースでもチキンベースでもすっきりしたスープにちょうどいい太さのフォー麺が良く絡みます。

そして私がニャーヴェトナムで愛して止まないバインミー、バターの風味豊かなフランスパンはサックサクにトーストしてあり、すぐ噛み切れます。
甘辛い味付けのお肉にたっぷりのお野菜、フライドエッグまでサンドしてあり、最後の一口まで「旨い!」が止まりません。

更にミニサイズのタピオカココナッツミルクなどのデザートまで付いて1100円は安過ぎます!
ちなみに、ニャーヴェトナムのバインミーはテイクアウトも可能です。

宮武 、京都市丹波口にある美味しいお魚のランチの海鮮料理店

店名:宮武
住所:京都府京都市下京区西新屋敷下之町6-5 アンクル島原 1F
電話:075-203-1855

宮武は京都市の中央卸売市場のそばにあるお魚料理がおいしいお店です。
お店は一見住宅街の中にあるのではじめてだとちょっとわかりづらいですが、人気のお店なので外で待っている人や向かってくる人などでわかります。
きれいなお店です。

宮武のオーナーと思われる男性が入り口で誘導してくれますが、よく声も通りすごくダンディです。
板前さんたちもすごく活気があります。

お刺身を盛る時のリズミカルな動きは見ていて、すごく期待ができます。
実際、宮武のお魚は新鮮でとてもおいしいです。

ランチは日替わり御膳800円、お造り御膳1300円、海鮮ちらし御膳1500円の3品から選びます。
3品とも小鉢数種や焼き物、明太子、甘露煮、メインで7品ほどついているのは変わらないです。

お造り御膳や海鮮ちらし御膳にすると、お魚に中トロがあったりして、かなりお魚を楽しめます。
このお値段でこんなにお口のなかでとろける中トロをいただけるとは思いませんでした。

宮武の夜は一品料理やコース料理をなります。
夜も人気です。

場所が島原にあり、島原大門や角屋といった歴史のある建物が残る地域なので、宮武で食べた後に散歩しても楽しいです。

シュッシュポポン、京都駅からすぐのイオンモールにある鉄道カフェ

京都駅の南側にあるイオンモール京都に入っている鉄道カフェ、シュッシュポポンをご紹介します。

鉄カフェと短縮される鉄道カフェは鉄オタさんが多いイメージですが、シュッシュポポンは子連れと至って普通のご家族が中心です。
Nゲージというジオラマが全てのテーブルから見える位置に配置されていますので、こだわりがなければテーブルの当たり外れはありません。

シュッシュポポンはビーフ100%のハンバーガーが人気ですが、1,200円のガーリックシュリンプもカリッと揚がっているし、香味が効いて美味しいです。
全体にハワイによくあるメニューで、ちょっとした海外気分も味わえます。

キッズメニューは3種で、メインがカレー、スパゲティー、ハンバーグの内、どれか1種です。ドクターイエロー、はやぶさ、のぞみのプレートなので、子供はとても楽しみです。
季節によってメニューが変わりますが、キッズメニューは年中固定です。

シュッシュポポンのスタッフは1人だけしっかりした方がみえて、他のスタッフは同じ事を再び質問に来たり、カトラリーが足りなかったりですが、致命的なミスはないので良しです。

店名:シュッシュポポン
住所:〒601-8417 京都府京都市南区西九条鳥居口町1 イオンモールKYOTO4F
電話:075-644-9220

京都の祇園にある本家西尾八ッ橋祇園店で絶品ラーメンとスイーツ

祇園の中心部に八ッ橋で有名な本家西尾八ッ橋 祇園店があります。
本家西尾八ッ橋は、色鮮やかな八ッ橋と共に、ラーメンや丼も味わうことができる人気店です。

南座から八坂神社へ向かう道沿いにあるので、スイーツ目当ての修学旅行生や外国からの旅行客でいつも賑わっています。

濃厚抹茶をふんだんに使ったパフェには、八ッ橋専門店らしく八ッ橋の乾燥した皮も入っており、他では味わえない本家西尾八ッ橋の魅力です。
パフェの価格帯は千円前後で、内容を考えると妥当もしくはお得なラインと思われます。

そんなスイーツとは裏腹に「西尾のコクうま鶏そば」という千円のラーメンや「西尾の親子丼セット」1,020円も絶品で、感動します。

ラーメンは西尾謹製秘伝のお出汁だそうですが、八ッ橋専門店とは思えない完成度です。
親子丼は甘辛具合が絶妙で、親子丼のあとの食べる生八ッ橋が再び感動を与えます。

本家西尾八ッ橋の店員さんは旅行客慣れしているので、とても親切で感じ良いです。
メニュー等、こちらが迷っていることを察知してアドバイスをくれます。

本家西尾八ッ橋は店内もとても美しいので、少しのんびりさせてもらいましたが、イヤな態度を取られることはなかったです。

店名:本家西尾八ッ橋 祇園店
住所:京都府京都市東山区祇園町南側576 桜花ビル1F
電話:075-531-8284

メロウ ブラウン コーヒー イオンモール京都桂川店の大きなパンケーキ

JR東海道線 桂川駅隣接のイオンモール京都桂川店の2階に入っているメロウ ブラウン コーヒー イオンモール京都桂川店のご紹介です。
開放的な空間に置かれた大きめのソファーや、こじんまりとした椅子席があり、好きな席に着席できますのでメンバーや気分で席を選べます。

メロウ ブラウン コーヒーは自由が丘が本店なのでメニューもおしゃれです。

大皿に盛られたパンケーキやワッフルが有名で、注文してから粉から作るので時間がかかると店員さんに言われますが、ピーク時間でもそれほどかかりません。
通常のお店と同じ位のタイミングで出てくるので、全くストレスにならない所要時間です。

メニューはワッフルパンケーキチョコバナナホイップが税抜き1,100円で、値段だけだとお高めに感じますが、サイズが大きく、惜しみ無く載せられたチョコソースやバナナの載った焼きたてパンケーキなので納得します。

メロウ ブラウン コーヒーのワッフルやパンケーキはどれも千円前後です。
コーヒーや紅茶も本格的でこだわった淹れ方ですので、良い香りが漂います。

メロウ ブラウン コーヒーのスタッフさんは若く落ち着いた女性が多く、細かい所まで気が利くスタッフさん達です。

店名:MELLOW BROWN COFFEE メロウ ブラウン コーヒー イオンモール京都桂川店
住所:京都府京都市南区 京都府京都市南区久世高田町376イオンモール京都桂川店 2F
電話:075-754-6289