京都市中京区、釜座二条 丸福本店は旬の魚介を使用したリーズナブルな寿司酒場

丸福は京都市内、京都市営地下鉄丸太町駅から徒歩10分ほど歩いた閑静な住宅地の中にある京町家風の海鮮酒場です。

お店のウリは何といっても100円~楽しめる旬の魚介類を使用したお寿司!
春は鯛、夏は鱧やイサキ、秋からはブリやサンマ、冬はセコ蟹など、季節の王道魚貝や他では楽しめない少し変わった魚まで幅広く楽しめます!

丸福の寿司おすすめは、なみだ鉄火!
私はいつも注文します!

丸福はお寿司だけでなく、天ぷらや焼き魚など、さまざまな調理方法で新鮮な魚介類を楽しめるのも魅力の一つ、今からの季節はブリしゃぶコースがスタートするようで、飲み放題付きのブリしゃぶコースは5000円で楽しめて今の時期から一番の人気メニューらしいです!

お店の中はどこか懐かしい京町家風の空間でカウンター席やテーブル席、二階には座敷席もあり、普段使いから、京都に遊びに来たお友達のもてなし、飲み会宴会などにも大変おすすめ!魚がおすすめの居酒屋ですが、唐揚げなどの定番居酒屋メニューもおいしくて、魚が苦手な方でも安心ですよ。

丸福は接客も丁寧で、カウンターでおひとりでお食事をされているお客さんが、料理人さんと親しくお話されている様子や、お子様連れに対しても丁寧に接客されているのを見たことがありますので、どんなシーンのご利用でも安心できます。

お店の場所はこちら!

店名:丸福 本店
住所:〒604-0036 京都府京都市中京区正行寺町669
電話:050-3469-5567

京料理のイメージが強い京都ですが、京料理以外のお店もおいしく、京都の食文化はレベルが高いですね!

京都市、河原町の「食堂PLUG 京都」で解放感のあるランチ

店名:食堂PLUG 京都
住所:京都府京都市中京区恵比須町434−1 アリエッタホテル京都
電話:050-5461-3477

実は、食堂PLUGでは二度目のランチです。
前回は10食限定のステーキランチにしましたが、今回はチキンソテーにしました。

ちょっと驚くのが、食堂PLUGにはこういったカジュアルなお店にありがちなパスタメニューがないのです。
バゲットもありますが、ほとんどがライスメニューでした。

ちょっと新鮮…。

今回注文したのは、スパイシーチキンオーバーライス1000円(税別)に、ランチタイム限定(?)のビュッフェをつけました。
こちらは400円(税別)です。

食堂PLUGのビュッフェはサラダや生ハム、ドリンクが好きなだけいただけます。
よくあるサラダバーは、冷凍解凍の野菜だったり萎びていることもありますが、食堂PLUGの野菜は見るからにフレッシュでドレッシングも4種類から選べたし、美味しかったです。

肝心のメインディッシュですが、メニュー名通り、結構スパイシーでした。
ブラックペッパーが効いていて、私の好みの味でした。

メニューには、サワークリームソースとあり見た目にも白いものはかかっていましたが、味覚的にはあまり存在感がありませんでした。
チキンのボリュームがあって、お腹も大満足でした。

食堂PLUG店内の音楽の音量が大きすぎるのが気になりましたが、接客は普通に居心地よく過ごせました。

葉菜、京都市下京区にある絶品ワンコインランチが人気の居酒屋

京都市内の西本願寺と東本願寺の間にあるこじんまりとした居酒屋さん葉菜(はな)のワンコインランチを紹介します。
葉菜のワンコインランチは驚きの500円で、日替わりなのでメニューは様々です。

平日は焼き肉や煮込みハンバーグ、八宝菜やトンカツ等、老若男女問わず受けの良いメインメニューに、ワンプレートで生野菜サラダ、ママ手作りのほうれん草の白和え等お惣菜2種位と、白ご飯、お吸い物です。

土曜日はメインメニューがミックスフライで、唐揚げとコロッケが定番、もう1種、チキンや豚肉フライ、ハムカツやイカリングがつきます。

葉菜は、白ご飯は大盛りも小盛りもオーダーに応じてくれますし、テーブルに置かれているふりかけも嬉しいポイントです。
ご主人が揚げてくれる唐揚げが一番のおすすめメニューです。

葉菜スタッフさんはちょっぴり高齢のご夫婦で、とっても人柄が良く、誰にでも親切で気さくに話しかけています。
小さな子連れですと、注文しなくても子供のご飯をくれたり、気が利く上にサービスが良いです。

葉菜の価格は全般に安めで、串1本100円未満も種類豊富なので夜でも気軽に行けます。

店名:葉菜
住所:京都府京都市下京区六条下若宮554-3
電話:075-361-8650

京都市山科区にある魚料理がおすすめの酒肴菜や 利一

店名:酒肴菜や 利一
住所:京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町61-6
電話:075-595-0066

利一は、産地直送の食材を使った魚料理、そして豊富な地酒が揃っている居酒屋です。
地下鉄東西線山科駅から徒歩3分の立地で、通いやすいお店です。

このお店、利一は地酒が豊富なので、お酒が好きな人にはたまらないと思います。
その地酒に合う魚料理も美味しいものばかりです。

利一おすすめは、本日のお造里盛り合わせで1600円~です。

なんと来店したお客様の90%が頼むのだとか。
本マグロの希少部位や市場で厳選して選んだ鮮魚、珍しい魚を入れることもあるようです。
その日によって何の魚を使うかは変わるようで、毎回楽しみがあります。

少し変わった魚が食べたければ、高級魚のキンキです。
干物で出てくるのですが、他のお店ではなかなか食べることができません。
1800円で食べることが可能です。

利一の店内は、暖色系の落ち着く明かりに、和を感じさせる雰囲気です。
カウンターも座敷もあり、プライベートはもちろん、接待にも使えます。
とにかく魚が食べたい気分であれば、利一をおすすめします。

お酒の種類も豊富なので、酒好きを満足させます。
本格的な魚料理が食べたいのであれば、利一を真っ先におすすめします。

どんぐり、京都市下京区四条寺町で大人気のお好み焼き・鉄板焼き屋

DSC_2670

店名:お好み焼き・鉄板焼き どんぐり
住所:京都市下京区四条寺町西入ル北側
電話:0752231555

どんぐりは、友人と京都巡りの1日を過ごした後に立ち寄った場所です。
個人的には大当たりでした!

どんぐりはとても人気らしく、徒歩15分圏内に4、5店舗ほどありますが、この店舗で予約できるまで3店舗電話したところ、どの店舗もすでに満員でした。
やっと予約が取れ、お店に入ると入った瞬間からいい匂い!

オーダーはタッチパネルでのオーダーなので、特に接客というほど店員さんとの交流なはなかったですが、別に不愉快な思いをすることもなかったので、いたって普通だったと思います。

どんぐりの食べ物はすごく美味しかったです!

自分で言うのもなんですが、関西人で小さい頃から親の美味しいお好み焼きを食べて育っていますが、どんぐりのお好み焼きも本当に美味しかったです。
普段はスタンダードに豚玉なんですが、その時は海鮮な気分だったので海鮮にしました。

そのほかにも細麺タイプの焼きそばもオーダーしました。
どんぐりの焼きそばは、細麺が太麺かを選べるようだったので、好みに合わせて食べられるのはいいですよね。

そのほかに蓮根と明太ポテト的なものを食べました!
(名前忘れてしまってすみません)

なぜか一番最初に食べてしまったのですが、あれは一番最初に食べたら最初のお酒のいっぱいと相性抜群だったと思います. . .次は是非そうしようと思います!

もつ鍋 秀寅、京都市下京区の四条通から高倉通を100mほど南下

日本を代表するの世界遺産が存在し、日本が誇る文化としてその名を世界に轟かせている地、京都。
清水寺、三十三間堂、金閣寺、嵐山。観光というカテゴリに関して言えば、挙げれば枚挙に暇がありません。

では「食」に関してはどうでしょうか。
おばんざい、京抹茶。私が知らない名産品も有数あります。有識者から言えばこの問いかけは愚問かもしれません。

でも、京都の魅力はそれだけではありません。
居酒屋というカテゴリで京都が誇る居酒屋があります。

それが、「もつ鍋秀寅」
清潔感はもちろんのこと、店内の入ると抑えめの照明にパーソナルスペースが考慮された落ち着いた雰囲気。
そして、秀寅の一つの魅力である「店員さんの元気な挨拶と丁寧な接客」。
当たり前とお思いかもしれませんが、お店の印象作りに直結する大切な要因、侮ってはいけません。

また、秀寅には会員カード(無償)があります。予約の電話の際に伝えると、お通しがグレードアップします。
複数品ありますが、私はいつも同じものしか注文しません。

それが「しめ鯖」です。
最高です。
でも、他のお通しも美味らしいので、お試しあれ。

さて、メインのもつ鍋ですが、四種類あります。
「秀寅の白」「激辛鍋」「情熱の赤」「黄金の醤油」。

私は全種類制覇しました。
どれを選んでも後悔はしませんが、辛いのがどうしても苦手な方は、「秀寅の白」「黄金の醤油」を勧めます。

底に沈んで旨味を静かに蓄えているモツ、そのモツの上に負けじとスープを吸いこみ食欲をそそる白菜ともやし、さらにその上にはもつ鍋を一直線に横切るニラの束。

締めには、ちゃんぽん麺か白米を選べます。
しかも、その調理や食べごろのタイミング等は、店員さんにお任せです。

京都はよく碁盤の目のような道になっていると言われます。
四条通と五条通のどんな細い道でも、高確率でお店があります。

まだまだ、魅力的な店があると確信してますので、是非皆さんも探してみてください。

店名:もつ鍋 秀寅
住所:〒600-8082 京都府 京都市下京区 高倉通り四条下ル高材木町225-1 SS.BLD1F
電話:075-344-0141

京都市河原町、五十棲〜いそずみ〜 串焼きとおでんの人気店予約必須!

店名:五十棲
住所:京都市中京区河原町通り四条上る米屋町388
電話番号:075-223-5050

五十棲は人気店なので、予約なしで行っても入れないことが多いです。
なので予約は必須!!
2週間前からの予約で大丈夫かなという感じです。

五十棲おススメ料理は、何と言っても『トウモロコシの天ぷら』。
さくさくしていてとても甘くて美味しいんです!!

食べたらハマること間違いなし!!
ついつい何個でもパクパク食べちゃう!
お箸が止まらないです。
お値段は600円。

後は、五十棲は串料理も最高です!
鶏つくね200円。
丹波鶏ハラミ400円。
もち豚ハラミ450円。
菜の花のもち豚巻き天ぷら650円。
おまかせ5種盛り750円。
これは絶対行ったら食べます!!

五十棲は、とてもリーズナブルとは言える金額ではありませんが、ネタが大きく鶏なんかはプリプリで食べ応えがあり、とても美味しいです。

料理と凄く美味しくお店の雰囲気落ち着いた空間で素敵なのはもちろん。
なんと言っても店員さんの心遣いや接客態度が素敵でした!!

大きな声で活気も良いのですが、冬は待っていてくれてるお客様に対し、脚に掛け布団を持って来てくださりました。
そういった心遣いも、五十棲の繁盛に繋がってるんだなと思います。

デートでも、友人とでも、ファミリーでも来れる場所。
五十棲、また来たいなと思わせるオススメのお店です。