美味しいパンとスイーツが楽しめるリベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都

店名:リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都
住所:京都府京都市中京区東洞院通六角下る御射山町273 プラウド京都東洞院 1F
電話:075-366-4361

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリーは京都にある話題のお店です。
パリで人気のこリベルテ・パティスリー・ブーランジェリーは、日本での第一号店は東京の吉祥寺に店舗ができましたが、京都にもオープンして連日盛況しています。

パンもスイーツも種類が豊富で見た目も美しく、どれにしようか迷ってしまうラインナップです。
しかし、パリでは良いパン屋や菓子店はクロワッサンを食べればレベルがわかるとのうわさを聞いたことがあるので、まずはクロワッサンを買ってみたところ、これが大当たりでした。

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリーで買ったのは、クロワッサン・リンツァーという赤い渦巻きが特徴的なクロワッサンです。
お値段は400円とかなり強気な価格ですね。

この渦巻きの赤はフランボワーズらしいです。
さすがパリっぽいオシャレなクロワッサンです。

酸味はそれほど強くなくて、ほのかに甘いクロワッサン生地をとっても相性よく美味しかったです。
クロワッサンの生地もサクサク軽くて、パリッとした歯ごたえはさすがにその辺のパン屋さんとは違っていました。
お高めですが、値段の価値ありです。

京都の祇園にある本家西尾八ッ橋祇園店で絶品ラーメンとスイーツ

祇園の中心部に八ッ橋で有名な本家西尾八ッ橋 祇園店があります。
本家西尾八ッ橋は、色鮮やかな八ッ橋と共に、ラーメンや丼も味わうことができる人気店です。

南座から八坂神社へ向かう道沿いにあるので、スイーツ目当ての修学旅行生や外国からの旅行客でいつも賑わっています。

濃厚抹茶をふんだんに使ったパフェには、八ッ橋専門店らしく八ッ橋の乾燥した皮も入っており、他では味わえない本家西尾八ッ橋の魅力です。
パフェの価格帯は千円前後で、内容を考えると妥当もしくはお得なラインと思われます。

そんなスイーツとは裏腹に「西尾のコクうま鶏そば」という千円のラーメンや「西尾の親子丼セット」1,020円も絶品で、感動します。

ラーメンは西尾謹製秘伝のお出汁だそうですが、八ッ橋専門店とは思えない完成度です。
親子丼は甘辛具合が絶妙で、親子丼のあとの食べる生八ッ橋が再び感動を与えます。

本家西尾八ッ橋の店員さんは旅行客慣れしているので、とても親切で感じ良いです。
メニュー等、こちらが迷っていることを察知してアドバイスをくれます。

本家西尾八ッ橋は店内もとても美しいので、少しのんびりさせてもらいましたが、イヤな態度を取られることはなかったです。

店名:本家西尾八ッ橋 祇園店
住所:京都府京都市東山区祇園町南側576 桜花ビル1F
電話:075-531-8284

中村藤吉、京都駅にある軽食も美味しい有名な甘味処

京都駅の伊勢丹の横にある、スバコという建物内にあるお茶を使った甘味処、中村藤吉 京都駅店のご紹介です。
中村藤吉は入り口からしてオシャレで、店全体が映えスポットとなっており、ほぼどの時間帯でも待ち時間があります。

厳選された緑茶やほうじ茶を使ったパフェやケーキ、生チョコ等、スイーツメニューは豊富で、どれも美味です。
中でも生茶ゼリィは芸能人のファンやメディア紹介も多く、お店を代表するスイーツと言っても過言ではありません。

パフェは中に白玉や餡子、アイスクリーム等、多種類の物がぎっしり詰まっており、お値段は少々お高めの千円越えです。
しかし味と内容を確認すれば納得します。

中村藤吉 京都駅店では、1,200円程の茶そばセットも美味しいです。
お茶の練り込まれたお蕎麦が美味しいのはもちろんですが、お汁がまた薄味で美味、ダシがしっかり効いています。

茶そば以外にはふりかけご飯、お新香、ミニスイーツもつくのでお得です。
ふりかけは店内で売っている物ですが、ご飯がどれだけでも入りそうな位に美味しくて、思わず買いたくなります。

中村藤吉の店員さんは若めの女性が多く、とても穏やかで、お店に合っています。

店名:中村藤吉 京都駅店
住所:〒600-8555 京都府京都市下京区 下ル東塩小路町 スバコ・ジェイアール京都伊勢丹3F
電話:075-352-1111

吉祥茶寮 祇園本店、京都市東山区にあるきなこスイーツ店

吉祥茶寮は黄な粉のスイーツを得意とするお店です。
吉祥茶寮(祇園本店)は祇園の北側にあり、京の古民家をリノベーションした建物です。

1階は販売スペースで、ケーキ等の生菓子、日持ちする和洋菓子が販売されています。
2階がカフェで広くはありませんが温かい雰囲気で、落ち着いて食事を楽しむことができます。

軽食はお茶漬け(1210~1320円)がありますが、吉祥茶寮のお勧めメニューはなんといっても焦がしきな粉パフェ(1210円)です。

吉祥茶寮のパフェは、ほうじ茶ゼリー、豆乳のブランマンジェ、バニラアイスを敷き詰めメレンゲで蓋をし、黄な粉がかけられていて、見た目もとてもきれいです。
黄な粉がふんだんに使われていて、とても香ばしいパフェです。

また、本わらび餅(1100円)も代表的なスイーツです。
本わらび粉を丁寧に練り上げたわらび餅はとろけるくちどけで、香ばしい黄な粉との相性も抜群です。

スイーツ店が多い京都で、吉祥茶寮は間違いのないおすすめのお店です。
休日は混雑していることがありますので、事前に受付をしておくとよいと思います。

店名:吉祥茶寮 祇園本店
住所:京都府京都市東山区門前通東大路東入ル石橋町306
電話:075-708-5608

ラ・ヴァチュール、京都市左京区で食べる優しいタルトタタン

ラ・ヴァチュールは、今から何年も前に、ふらりと入ったすばらしい喫茶店です。
その当時はこのお店がどんなにすばらしいかをまったく知らずに入り、おいしそうなタルトタタンをいただきました。

上品なおばあちゃまが運んできてくださったタルトタタンは、本当に美しくかわいらしく、まるでパリにいるような気持ちになったことを覚えています。

ひとくち頬張ってみると、そのお味の美味しいこと。
濃厚なりんごのお味とヨーグルトソースの酸味が口の中で溶け合い、すばらしいハーモニーを奏でていました。

京都から帰ってきてそのお店を調べてみると、京都では有名な喫茶店『ラ・ヴァチュール』であったということがわかりました。
あれからもう何年も経ちましたが、あれほどまでにおいしいタルトタタンを私は食べたことがありません。

またいつかラ・ヴァチュールも行こう行こうと思いながら、時が過ぎてしまいました。
あのおばあちゃまは、2013年にお亡くなりになったのだそう…。

けれど、なんと今ではあのおばあちゃまのお孫さんである女性が二代目オーナーとしてお店を切り盛りされているそうですよ。
おばあちゃまからお孫さんへ受け継がれたレシピ…とっても素敵ですね。

店名:ラ・ヴァチュール
住所:〒606-8323 京都府京都市左京区聖護院円頓美町47
電話:075-751-0591

クリケット、京都市北区にある美味しいフルーツパーラーでスイーツ

CRICKET

店名:クリケット
住所:京都府京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1階
電話:075-461-3000

クリケットはフルーツパーラーで、フレッシュで美味しいフルーツをふんだんに使ったスイーツを楽しむ事ができます。

クリケットのおすすめは、なんといってもフルーツサンドでしょう。
フルーツサンドはやはりフルーツパーラーで食べるのが一番おいしいと思います。

クリケットのフルーツサンドは1200円ですが、ハーフサイズもあり少食さんにはそちらもおススメです。

イチゴやメロンやモモなどたくさんのみずみずしいフルーツがたっぷりと挟まっていて、生クリームもたっぷりと挟まっていて、まるでケーキのような美味しいフルーツサンドです。
ボリュームもたっぷりでした。

旦那はフルーツパフェを注文していましたが、こちらもものすごいぎっしりとフルーツが入っています。
リンゴやオレンジやスイカなど、果物のカットの仕方も可愛くて、器からこぼれそうに、でも絶妙のバランスで果物が乗っていました。

クリケットはフルーツのほかには生クリームとアイスクリームが入っており、コーンフレークなどでごまかしていないところがまた良かったです。
お値段はこちらも1200円ですが、満足の美味しいパフェでした。

ジャックインザドーナツ二条店、京都市中京区にあるドーナツ店

4歳の姪っ子、1歳半の甥っ子、その母親である妹と4人で用事終わりに、どこかでおやつを食べて帰ろうという流れになり、地元民である妹が挙げてくれたのがこのお店、ジャックインザドーナツです。
JR二条駅近くの「BiVi二条」という商業施設の中にあります。

ジャックインザドーナツの名前はよく聞いていましたが、私は初めてでした。

突然行って、流れ作業でその場で食べたいドーナツを決めて取り、レジで飲み物を注文して会計するなんて、私には苦手なはずなのに、ドーナツを決めるのも、飲み物を決めるのもあまり苦労しませんでした。
感覚でやりやすいシンプルなディスプレイなんだなと思います。

私は、あまりヘビーなものを食べたい気分ではなかったので「米粉のドーナツ」にしました。
ジャックインザドーナツのドーナツは、シンプルなものも素朴で美味しいです。

妹や姪っ子は、ちょっと重そうなものを選んでいました。
甥っ子の分はどうしようかと、大きさや味で「もちもちボールきなこ」を選択。

レジですぐにお姉さんが「3つで100円なので」と言ってくださり、追加で2つ取りました。
彼は小さい手で持って、噛んでビヨーンとなりながらも上手に食べていましたし、味も満足だったようです。

子供は集中していられる時間が短いですし、追加で取った2つの「もちもちボールきなこ」は食べきれませんでした。
なので残りは持って帰りました。

そうやって状況を見て、すぐ切り上げて帰ることができるのも便利なところです。

店名:ジャックインザドーナツ JACK IN THE DONUTS BiVi二条店
住所:京都府京都市中京区西ノ京栂尾町107
電話:075-822-1117